アメコミとプロレスで生きるブログ

主にアメコミとプロレスに関する情報を発信しています。たまにソフトウェアやアニメの話題も

【プロレス】全てのMCUファンよ、新日本プロレスを見よう!【マーベル】

MCUと新日本プロレス。

一般的に言うと、この2つはかなり遠くにあるコンテンツと認識されているだろう。

しかし、この2つのファンである自分としては多くの共通点があり、どちらかのファンはもう片方のファンになれると思っている。

そこで今回の記事では、MCUと新日本プロレスとの共通点からMCUファンに向けて新日本プロレスの魅力を解説していく。

この記事を読んで少しでも新日本プロレスに興味を持ってくれる人が増えて欲しい。

共通点1:1作品にとどまらないストーリー

MCUの魅力の1つと言えば、ある1作品のストーリーがその後の作品に影響を与えていくことだろう。

例えばそれまでのアベンジャーズシリーズでの戦いが原因で、キャプテンアメリカ:シヴィルウォーではアベンジャーズの内紛が起きてしまったことは知っていると思う。

また、MCUが形成された後に観始めた人はMCUのストーリーや登場人物の関係を理解するために、過去作品を見返したりすることもあったと思う。

 

 

 

これは新日本プロレスでも同様だ。

新日本プロレスでは、東京や大阪の大きな会場での大会に向けて、地方で10試合ほどを行い、東京や大阪での試合に向けたストーリーを形成していく。

10試合を使ってストーリーを形成する上、プロレスの試合である以上東京や大阪でのビッグマッチでの勝ち負けが重要であることは言うまでもない。

ただ、例え負けたとしてもそれが新たな因縁となり、1ヶ月後あるいは1年後の試合へと繋がっていく

つまり、続けて見ることが出来る、むしろ続けて見ることで真の面白さを感じることが出来るのだ。

また、試合での因縁が無くても入団前や入団後の関係から生まれる因縁もあるので、過去に何が起きたか?どんな人間関係を形成しているか?を知ることも楽しみの1つだ。

 

共通点2:作品そのものの質が高い

共通点1で書いたように、スケールの大きい世界観とストーリーがMCUの魅力である。

ただ、それだけでMCUのファンになった人は居ないと思う。

スケールの大きい世界観とストーリーがありながら、MCUの作品は洒落の効いたセリフやCG、アクションという点で高い質を保持している。

つまり、1つの映像作品としても高い質を保持しつつ、MCUの歴史を知らない人でも楽しめるようになっている

 

新日本プロレスも試合の質が高いと言われている。

日本だけでなく世界を見渡してもトップクラスの選手たちが集まっており、プロレスの知識が無い状態でも楽しめる

質の高さと一言に言っても、常人には想像すら出来ない空中技を繰り出す選手、観客の心を掴んで会場を一気に盛り上げる選手など様々でそこも面白い。

実際にプロレス初観戦の友人を両国国技館に連れて行った時は、その試合内容に魅了されていた。

新日本プロレスはYouTubeで毎週1本無料で配信しているので、とりあえず1試合見て欲しい。

www.youtube.com

 

共通点3:登場人物のキャラが確立されている

アイアンマンから始まり10周年を迎えたMCUでは多くの登場人物が居るが、その一人一人のキャラが確立されている

トニー・スターク(=アイアンマン)はいつでもその天才ぶりと軽さは変わらないし、スティーブ・ロジャース(=キャプテンアメリカ)のリーダーシップは誰も変わりが居ないレベルだ。

キャラが異なる登場人物が多くいることで、推しのキャラや感情移入出来るキャラが誰にでも必ずいるようになっている。

この事もMCU人気を支えている要因だろう。

 

新日本プロレスでも各選手がそれぞれのキャラを確立している。

例えば、「エース」として太陽の様に明るく、様々なメディアに登場している棚橋弘至選手のように「陽」のキャラを確立している選手も居れば、「King of Darkness」を名乗るEvil(イービル)選手のような「陰」のキャラも居る

また、「陽」「陰」の中でも選手たちはそれぞれ異なるキャラを確立しているので、MCUと同様、必ず応援したい選手が居る

 

登場人物という観点からは少し離れるが、SNS全盛の現代では「中の人」推しも可能だ。

MCUに出演している俳優の多くはSNSを活用しており、情報発信に熱心な人も多く、そこからファンになった人も居るだろう。

新日本プロレスの選手たちもSNS(特にTwitter)を活用しているので、そこから入るのもオススメだ。

 

まとめ

MCUと新日本プロレスの共通点を3つ挙げた、皆さんを新日本プロレスの世界にお誘いしたが、いかがだったでしょうか?

MCUが盛り上がっているのと同様に、新日本プロレスも今まさに盛り上がっている。

(「エース」棚橋弘至選手が情熱大陸に出演したほどだ)

もし興味が出てきた人は、とりあえず1試合見るとことから始めて欲しい。

 

www.three-color-dumplings.com

(プロレス入門としてこんな記事も書いています)