三色団子のブログ

気になったこと、気にしてること、やったことの三色でお送りします

【新日本プロレス】DESTRUCTION(ディストラクション)シリーズのタイトルマッチ予想!

G1クライマックスも終わり、秋のDESTRUCTION(ディストラクション)シリーズが始まった新日本プロレス

秋の両国、更には年明けの東京ドームを占う上でも非常に需要な今シリーズ。

今回の記事では各タイトル戦の勝敗を予想し、秋の両国大会の対戦カードを予想していく

内藤哲也選手がいつも言っている通り、今後を予想する時間がプロレスファンにとって一番幸せな時間。

ぜひ皆さんの予想と比べながら読んで欲しい。

 

 

IWGPヘビー級

DESTRUCTION後の王者:石井智宏

秋の両国での挑戦者:内藤哲也

6.9の大阪城ホール大会で奪取して以降ケニー・オメガ選手が保持しているIWGPヘビー級。

DESTRUCTIONシリーズでは、9.15広島大会で王者ケニー選手と石井選手のIWGPヘビー級選手権試合が行われる。

f:id:TCDumplings:20180911095508j:plain

(出展:https://www.njpw.co.jp/

 

G1では結果こそ奮わなかったものの素晴らしい内容で評価を高めた石井選手がここで勝利すると予想する。

G1で4敗を喫していて、両国での対戦相手に困らないという点でも石井選手が有利だろう。

その石井選手と両国でIWGPヘビー級選手権試合を行うのは誰か?

今回はG1で石井選手に勝利している内藤哲也選手と予想する。

DESTRUCTIONシリーズでタイトルマッチが組まれていない内藤選手であれば、タイトルがIWGPヘビー級王者への挑戦を妨げることはない。

また、内藤選手は東京ドームのメインイベントに強いこだわりを持っているので、チャンスがあれば食い付くだろう。

 

 

 

IWGPインターコンチネンタル

DESTRUCTION後の王者:クリス・ジェリコ

秋の両国での挑戦者:EVIL

DESTRUCTIONシリーズでは試合の組まれていないIWGPインターコンチネンタル。

現在の保持者であるクリス・ジェリコ選手について唯一コメントを出しているEVIL選手が挑戦者の最有力候補だろう。

実際の試合はもちろん、ジェリコ選手とEVIL選手が試合までどんなストーリーを見せてくれるのか、要注目だ。

 

IWGPUSヘビー級

DESTRUCTION後の王者:ジュース・ロビンソン

秋の両国での挑戦者:ザック・セイバーJr

DESTRUCTIONシリーズ後ではあるが、両国前のアメリカ・ロングビーチで行われるFIGHTING SPIRIT UNLEASHEDで現王者のジュース・ロビンソン選手とコーディ選手のIWGPUSヘビー級選手権試合が行われる。

初防衛戦ということも考え、IWGPUSヘビー級としてジュース選手が初防衛に成功すると予想する。

そして初防衛を果たしたジュース選手と両国で対戦するのは誰か?

G1で6敗を喫してしまっているジュース選手の場合その候補は多いが、今回はザック・セイバーJr選手と予想する。

ザック選手と因縁を持つ選手は多いため、ザック選手が王者になる価値は高いはずだ。

 

味のプロレス 闘魂編

味のプロレス 闘魂編

 

 

 

IWGPJrヘビー級

DESTRUCTION後の王者:不在

秋の両国での挑戦者:KUSHIDA、マーティ・スカル

高橋ヒロム選手の負傷離脱により、トーナメントが行われることになったIWGPJrヘビー級。

その中でも前王者のウィル・オスプレイ選手が最有力だが、オスプレイ選手は飯伏選手を筆頭にヘビー級の選手と対戦していくと個人的には予想している。

両国での決勝戦にはKUSHIDA選手とマーティ・スカル選手が進出すると予想する。

2人とも海外での試合が多く、日本ではその活躍が中々見られないが、日々評価を高めている。

日本でのシングルマッチは珍しい両者がどのような対決を見せるか、要注目だ。

 

東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権利証

DESTRUCTION後の保持者:オカダカズチカ

秋の両国での挑戦者:ジェイ・ホワイト選手

最後に東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権利証に関して予想する。

この権利証の制度が始まって以来権利証の移動は未だ起きていない。

現在の保持者はG1クライマックスで優勝した棚橋弘至選手で、9.23神戸大会でオカダカズチカ選手との争奪戦が行われる。

 

f:id:TCDumplings:20180911095543j:plain

(出展:https://www.njpw.co.jp/

 

今までの挑戦権利書争奪戦の中で最も予想が難しいこの試合でオカダ選手が権利証を奪取すると予想する。

オカダ選手無しの東京ドームのメインイベントは考えにくく、初めての権利書移動が起きるだろう。

そのオカダ選手に両国大会で挑戦するのはオカダ選手にG1で勝利しているジェイ・ホワイト選手と予想する。

Chaosの今後も含めて、注目したい。

 

まとめ

例年になくタイトルマッチが充実しているDESTRUCTIONシリーズ。

秋の両国に向けて大きなサプライズがありそうな予感だ。

新日本プロレスワールドや現地での観戦にぜひチャレンジして欲しい。

 

コブラツイストに愛をこめて 実況アナが見たプロレスの不思議な世界 (立東舎)

コブラツイストに愛をこめて 実況アナが見たプロレスの不思議な世界 (立東舎)